フコイダンとは?

フコイダンとは?

フコイダン」とは、モズクやメカブ、昆布などの褐藻類などのヌルヌル成分の中に含 まれる多糖類を指します。海 藻類の中には、カルシウムや沃素などのミネラルやビタミンなどの栄養源が多く含まれることはよく知られています。その他に、近年ヌルヌル成分の中のアルギン酸がコレステロール吸収抑制作用、ラミニンの血圧降下作用などが注目を浴びています。これらの成分以外に、ヌルヌル成分の中に多く含まれることが判った のがこの「フコイダン」で、乾燥重量の4%含まれます。「フコイダン」は、硫酸化多糖類の仲間で海藻の種類によっても異なってきますが、モズクには特に「硫酸化フコース」「フコース」が多く含まれているといわれ、この「硫酸化フコース」「フコース」が、癌(がん)に対して有効であることが判ってきました。

 その効果というのが癌(がん)の抑制効果です。一言でいうと、副作用のない抗癌(がん)剤です。抗癌 (がん)剤 については前章で説明いたしました通り、癌(がん)治療で一般的に使われています。しかし、癌(がん)細胞にもダメージを与える反面、同時に正常細胞にも 多くのダメージを与えてしまいます。

 「フコイダン」による癌(がん)の抑制効果には、抗癌(がん)剤に比べ画期 的なものがあると期待されています。それは、正常細胞をより強化(免疫力強化、マクロファージの活性化、NK細胞の増強活性化)し、同時に癌(がん)細胞 に対してのみアプローチする特性をもっていることにあります。更に癌(がん)の抑制ではなく、癌(がん)細胞自体を死に追いやっていくことにあります。

フコイダンの医学メカニズム 

フコイダン」の医学的なメカニズムは、全てが解明されているわけではありませんが、癌(がん)に対する作用において明確になっているものを言えば、以下の3つが挙げられます。

 まず、癌(がん)に対するアポトーシス作用について説明いたします。私たち人間の身体は、60兆個の 細胞で構成 されています。そしてその細胞は新陳代謝によって常に新しい細胞ができ、古い細胞が死んでいき、入れ替わることにより60兆個が保たれている訳です。所謂 正常細胞は、一定期間を過ぎると自らが死を選んで死んでいくように遺伝子の情報の中に組み込まれています。このように細胞が自ら死を選んで死んでいく作用 のことを医学用語でアポトーシスと言います。これは、おたまじゃくしの尻尾がカエルになる過程の中で消失したり、母体の中の胎児の手に水かきがあっても、 誕生したときには分離した5本の指になっていると言う現象と同じです。しかし、身体には死ななくなった細胞が増殖することがあります。これが癌(がん)細胞なのです。癌(がん)細胞はほとんど死ぬことがなく、増え続けるのです。ですから増殖し、転移し、身体を犯していくのです。と言うことは、癌(がん)細胞は正常細胞の様にアポトーシスつまり、自ら死を選んで消失してくれれば何ら怖がるに値しないものになります。実は、癌(がん)細胞を自殺に追い込む物質、それが「フコイダン」なのです。癌(がん)が、自ら死を選んで死んでいくと言う訳ですから、本来考えられない現象です。

 次に、免疫力強化作用ですが、これはもうお分かりと思います。所謂癌(がん)細胞と戦う兵隊を増やし、また強化し、文字通り戦わせるということです。がん細胞に負けない正常細胞になれば、大いに効果が期待されます。

  最後に、新生血管抑制作用ですが、実は、前に説明いたしましたように、癌(がん)細胞は非常にタフな細胞である以上、非常に栄養を欲しがります。癌(がん)患者さんが通常の食事をしておられてもやせ細っていくことがありますが、これは栄養を癌(がん)細胞にとられていると考えられます。そして、癌(がん)細胞が栄養を取り込む入り口が血管なのです。癌(がん)細胞は、こうして自ら血管を作り、栄養を確保しようとしますが、この「フコイダン」は、癌(がん)による新しい血管を作らせないという特性が報告されています。結果的にがん細胞の内部に栄養が行かなくなり、兵糧攻めになり、内部から壊死していくということになります。

 癌(がん)に対しての作用の中で、現在解明されているものが以上です。もうお気づきと思いますが、これほど理想的な物質はないと私は思っています。私の前の奇跡が常識化することもお分かりと思います。これらの現象は、血液検査などを見るとLDH、腫瘍マーカーなどの数値が1週闇~1ヶ月後の検査でも確実に変化していますので、癌(がん)細胞に何らかの作用していることは、疑いのない事案です。

フコイダンはこんな人におすすめ

  • 生活習慣が気になる方
  • 養生中の方
  • アルコール好きな方
  • たばこがどうしても止められない方
  • ストレスが気になる方
  • 日々の生活が忙しい方 ・外食、レトルト食、肉食中心の方
  • 食生活のバランスが不安な方
  • 野菜嫌いな方
  • 屋外で陽灼けしている方
  • ダイエットを心がけている方
  • 美しさ、若々しさを保ちたい方
  • 健康志向の方

栄養成分表示(100gあたり) 

アミノ酸について

アミノ酸とはタンパク質を構成する最小単位です。人間の身体を構成するタンパク質(脳・内臓・骨・神経伝達物質)はいくつものアミノ酸が集まってできているのです。

■フコイダンに含まれているアミノ酸分析結果(100g中)

アポトーシス作用学会発表

この「フコイダン」のアポトーシス作用に関しては、すでに第56回日本癌学会、第69回日本癌学会において「コンブ由来フ コイダン及びその酵素分解物により誘導されたヒト胃癌と結腸癌細胞株のアポトーシス」という論文でその作用が発表されています。また、その他「第18回糖 質シンポジウム」「第69回日本生化学会大会」などでも学会発表がなされています。

 この「フコイダン」の研究の先駆けはアメリカであり、世界中で研究が進み、論文は各国合わせると100種類を越しております。特にアメリカに於いてはかなりの注目を浴びており、事実「フコイダン」の認知度は、日本国内よりもアメリカの方がかなり高い結果となっております。これはアメリカには日本よりも約7倍の癌患者が存在するという背景などもあると思います。

いずれにしてもこの「フコイダン」は、日本やアメリカに限らず、世界中が待ち望んでいるものなのです。

九州大学遺伝子制御工学科の白畑教授と共同研究

今、大変なブームになっているのが「水」です。私も早くからこの水の重要性を感じ、少なからず研究を重ねてまいりました。 一言で水と申しましてもいろいろな種類があります。その中でも一期は注目を浴ぴているのが「日田の天領水」です。実は、これら活性水素水の存在を解明し、 医学的メカニズムの基礎を確立された方が九州大学遺伝子制御工学科の白畑教授です。「日田の天領水」のブームの火付け役としてもかなり有名な方で、一度耳にされた方も少なくないと思います。「おもいっきりテレビ」や「真相究明200X」、その他人気の健康番組に引っ張り凧で多忙な毎日を送られておられます。

実は、私と白畑教授で、現在使用しております「フコイダン」の共同研究を始めております。臨床に於いては私が担当し、臨床の立場からの研究を重ね、白畑先生にはその裏付けとしての医学的なメカニズムの更なる解明と、一層効果を高めるための研究に取り掛かっていいただいています。今後、公的機関での臨床にも着手したいと考えています。

製造

それでは、「フコイダン」を摂取する為に、モズクを食べればいいのか、と思われている方もおられるでしょう。モズクを摂取することは身体にとって非常によいことですので、大いに摂取されることをお勧めいたします。しかし、「フコイダン」を取り入れることが目的であれば、残念なことに、モズク自体を食べても肝心な「フコイダン」は、ほとんど身体に摂りこまれません。先にも述べましたが、フコイダンは、約4%しか含有しておらず、その上、そのままの状態では、ほとんど消化吸収されず、大半は体外へ放出されてしまいます。

それは、人間には「フコイダン」を消化吸収する機能が備わっていない、所謂分解する酵素を持ち合わせていないということなのです。ですから、特殊な酵素を用い、モズクを分解する事によって、「フコイダン」を効率よく抽出するという技術が必要ということになります。そうでないといくらモズクを食べても「フコイダン」を取り入れる事が目的であれば、全く意味がないということになります。更に吸収を良くするために、特殊な技術により低分子化を行っています。勿論何でも低分子をすればよいというものではありませんが、体内に於いて、一番良い状態にするような特殊な技法が使われています。

特に病気疾患を改善する事が目的でしたら、「フコイダン」を効率よく抽出した液状のものを飲用する事が賢明と考えます。

超低分子化

最近、「フコイダン」も徐々に脚光を浴び商品化が進み、各種メーカーが製造販売されています。それでは、「フコイダン」 だったら何でも良いかと言うと、これも決してそう言う訳ではありません。決定的な違いは、吸収率にあります。どんなに良い「フコイダン」を摂取しても、身体が吸収してくれないのであれば、何の役にもたたないことはご理解できると思います。例えば、すばらしい成分の健康食品があったとします。しかし、分子量 が大きいために、全体の5%しか吸収できないとすると、1,000円の健康食品が50円分の価値しかないということになります。逆に、この商品の半分の成分しか入っていないものでも、100%吸収するのであれば、10倍の効果が期待できるということになります。

このように、一番肝心なのが吸収率です。その吸収率を高めるのが低分子化いうことになります。胃腸の弱った方やお年寄りでも容易に吸収できるもの、そうではないと意味がないと言うことです。これら低分子化技法は、様々な方法があります。例えば紫外線なども低分子を促します。いりこを天火干しするとだしが 良く出るのは、紫外線によって分子量が変化した結果です。お酒などは、寝かす事により低分子化しています。例えば、飴玉を口に入れ、溶かしていくと、大きければ大きいほど時間がかかります。しかし、飴玉を歯で噛んで小さくすると早く溶けます。安い酒は分子量が大きいので肝臓が処理するのに時間がかかり、二日酔いしやすいですが、高い酒は分子量が小さいために肝臓で処理が早いために、二日酔いになりにくいということになります。テレビ番組の「あるある大辞典」では、「フコイダン」は、癌の中でも胃腸や直腸癌、喉頭癌などしか効果がないといっていました。それは、「フコイダン」が、直接癌細胞に触れないとアポトーシス現象を起こさないという意味でしょうが、超低分子化された「フコイダン」であれば、肺癌、肝臓癌、脳腫瘍、乳癌など、あらゆる癌において、変わらない治療効果を上げられるということになります。これは低分子化によって「フコイダン」の吸収率が上がったという結果です。

今後は更に低分子化の技術が進み、食品の革新が進むのではないでしょうか。

必須アミノ酸

モズクには、カルシウムや沃素などのミネラルやビタミン、アルギン酸、ラミニン、フコイダンなどの他に、8種類の必須アミノ酸がバランスよく含まれています。ご存知の様にこの必須アミノ酸は身体で作り出すことができないアミノ酸ですから、食物などで摂りいれるしかありません。更に、必須アミノ酸は8種類ありますが、厄介なことに8種類がバランスよく存在しないと意味をなさないものなのです。例えば7種類は充分あり、しかも バランスよく存在しても、1種類が少ない場合は、その少ない1種類の量にしたがってしか作用しません。これが必須アミノ酸の桶(おけ)理論です。そして、 必須アミノ酸を含む20種類のアミノ酸で身体の20%である様々なタンパク質を構成するということになります。その種類は10万種類といわれ、それらをつくる設計図がDNAの役割です。ですから全てがバランスよくそろわないと人間の身体は、つくりだせないという事になります。そのバランスが揃う事は健康にとって非常に重要であるということになります。

20世紀はビタミンの時代、21世紀はアミノ酸の時代といわれるように、今後の健康を考えるにあたって非常に重要なものであります。

他の代替医療との違い

現在、アガリクス、メシマコブ、AHCC、プロポリスなどが、癌に対する代替療法として、非常に脚光を浴びています。代替療法とは、簡単に説明すると自然の物質を用いた副作用の少ない療法であり、西洋医学の限界を補うという意味で、医学界においても、非常に導入されるように なりました。そして、それらの物質を使うことにより、人間本来が持つ免疫力を高め、NK細胞、Bリンパ球、マクロファージの機能を高めたり、害が少ない抗 生物質的な作用であったり、様々な病気疾患に応じて、様々な代替医療が実施されています。特に癌においては、アガリクスやメシマコブ、AHCCは有名ですが、それらの考えは、正常細胞、NK細胞やマクロファージを強化することによって癌細胞を攻撃させるものです。ですから、基本的に癌細胞に直接働きかけるものではありません。いわゆる癌細胞と正常細胞を戦わせるという事です。そして、正常細胞が勝てば、改善と言う事ですが、がん細胞が勝てば、死を意味する ということになります。「フコイダン」の効果は、これらの代替療法と決定的に違います。「フコイダン」は、アガリクスなどと同様、正常細胞を強化します。 しかし、この作用より効果が期待できるのが、癌細胞に直接働きかけ、癌細胞をアポトーシスすると言う作用が非常に強いということにあるのです。前に述べましたように新生血管抑制作用も癌増殖を強烈に抑える作用があります。更に必須アミノ酸も癌治療においても大きな手助けになります。私は、今考えられる中で、癌治療においてはこれ以上の、理想的な治療法はないと考えます。ちなみに、アガリクスなど、抗癌作用が強いとされているキノコ類に含まれる、免疫力を強める目的で配合されている「レンチナン」と言う物質に、心臓に負担を与えると言う実験結果が、最近の日本癌学会で発表されています。その点、私たち日本人は、長年海藻類を摂取している国民ですし、海藻を摂って副作用らしいものの報告はありませんので、安心して取り入れられると思います。

フコイダンの広がる可能性

「フコイダン」の効果においては、まだ解明されていない部分が多く、研究者によってメカニズムの究明が急がれています。同時に、臨床現場に於いては、応用や活用が進められ、臨床数は日に日に増えております。その臨床報告の中には、癌以外の症例も増えており、糖尿病、帯状疱疹ヘルペス、高血圧、慢性肝炎、アトピー性皮膚炎、などに改善の報告があり、それもいずれも早期に改善しています。また、臨床の病気疾患の種類も今後増えるように思われます。「フコイダン」の効果としては、抗腫瘍(抗ガン作用)作用の他に、コレステロ一ル低下作用、血液凝固阻止作用、胃潰瘍治癒促進作用、抗エイズウイルス作用、抗アレルギー作用、肝細胞成長因子(HGF)の産生誘導作用などが立証されています。これらの作用があるということは、まさしくオールラウンドプレーヤーです。私も、癌以外の臨床を始めていますが、驚くような効果が出ております。

目に見えてわかるフコイダン

この「フコイダン」の飲用を開始された患者さんから、きわめて早い時期に、それもほぽ共通に、次のような報告があります。

疲れにくくなった/朝の目覚めが良くなった/肌の艶が良くなった/食欲が増した/体重が増えた/便の出がよい/便の臭いがなくなった/便が水に浮く/便秘 が改善した/便の回数が増えた/冷え性が改善した/むくみが取れた/病変部が痛む/血行がよくなった/血液検査の数値が改善された/肩こりがなくなった等 など・・・。

 また、癌患者はほとんどの方が体温は低く、36度以上の方はほとんどおられませんが、これが解消される場合が多いようです。体温が上がるということは、免疫カも上がると考えられます。

まとめ

現在の癌治療と比較しますと

  • 副作用の心配がない
  • 身体にメスを入れることがない
  • 正常細胞にダメージを与えることがない
  • 入院の必要がない(場合によっては必要なこともあります)
  • 経済的負担が少ない
  • 改善後、再発の危険性が低い

などです。なんと言ってもその治療は、治療と言うには程遠く、その人にあった量の「フコイダン」をただ飲むだけですから、 デメリットが見当たりません。特に、外科治療もできない、化学療法もできない、放射線治療もできない場合は、選択肢としては、かなり期待が持てます。また、若い女性などの乳癌、子宮癌など、特に出産前でしたら、当然外科手術を受けたくないのは当たり前ですが、このような方に対して、非常に明るい光明となると思います。

メールマガジン